幻想水滸伝シリーズのプレイ日記とラジオの感想日記です。 スローペースだけど、ネタバレにご注意を…。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
脱走
 
 
【2006/03/07 19:36】
 
 
フェリドと話をして、楽しんだと答えると、パーティーは終了。その後自室で暗殺者と遭遇。それを見て、オープニングの女王の背後に降り立つ怪しい人影とか、ミアキスが誰かと戦ってる映像はここのシーンのところなんだな、と納得自室の敵はあっさりと倒し階下へ。
そこでキルデリクとドルフに遭遇。一度目はキルデリクが半死状態までにいったんですが、負けてしまいました。負けても進行するとのことですが、負けるのは悔しいしかも半死までさせてるのになのでリセットしてもう一度対戦。ハハハやったよ、今度は勝てた
カイルに助けてもらい、その後逃げることに。でも逃げられるかぁってことで、「リムと母上を…」を選択したら、カイルに「王族は生き延びるもんだ」って言われてしまいました。でもなんだか逃げるような雰囲気になったとき、ゲオルグと出会う。そこで両親が殺されたことを知り、ますますリムを置いていけないって感じになりましたが。リオンに一撃を喰らわされました。映像を見ている限りでは避けられるだろと思いましたが。
ルナスに逃げたけど、密告されるし~。分かってたけどさ~そしてイサナ(でしたっけ?)エルフであることが判明。やっぱエルフか~そのままパロウズ領まで逃げました。
そうそう、リムが「泣いたら負け」と言っていたのが、いたく胸に突き刺さりました。
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://moonskytsuki.blog47.fc2.com/tb.php/49-d8e0a5ce

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。